下関、門司地域のインターネット放送局 関門テレビ
下関、門司地域のインターネット放送局 関門テレビ

海峡千年・時代物語トップへ戻る

HOME > しものせきドラマシアター 海峡千年・時代物語 > 武蔵小次郎巌流島の決闘海峡千年・時代物語

しものせきドラマシアター 海峡千年・時代物語 武蔵小次郎巌流島の決闘

最短距離約670メートル、この海峡はその後も多くの歴史の舞台となった。

慶長17年、西暦1612年4月13日、長門の国船島の海岸に二人の剣豪が生死を賭けてその足跡を残した。

一方は諸国を修行中であった剣豪・宮本武蔵。
もう一方は小倉・細川家に仕えていた巌流佐々木小次郎。
二人の剣豪・剣士はこの船島、現在の巌流島の決闘により、歴史に長くその名を残すこととなった。

武蔵が小次郎との約束を3時間も遅れた理由は今も大きな謎となっている。
一説によると、最大8ロットを超える関門の潮流に逆らったからではないかと推測されるが、明確な資料も文献も残されていない。

佐々木小次郎の剣は三尺余りの大太刀「備前長船長光」で、流派は中条流剣術と山伏剣術を元に小次郎が編み出した水平打ちと返し技を得意とする、巌流「虎切り」であった。

一方の武蔵は、小次郎の長刀に対抗するため、船の櫓を細工したもので長さは小次郎の長刀を上回る四尺二寸もあった。

「遅いぞ、武蔵!」

「小次郎、既に敗れたり」

既に約束の時間も過ぎ、苛ついていた小次郎は武蔵との間合いを詰めるや先制の一撃を加えた。

小次郎との間合いを僅かにかわした武蔵は四尺二寸の木刀を片手で操ると、小次郎の頭上に鋭く振り下ろした。

額を強打された小次郎はその場に倒れ、類まれなる剣豪・剣士の戦いはあっけない幕切れをむかえたと思われた。

確かな手ごたえを感じた武蔵が、勝利を確信して小次郎に近づいたとき・・・



勝敗は一瞬の間合いであった。
もし、武蔵の木刀があと僅か短かければ、
もし、武蔵が非力で四尺二寸の木刀を片手で扱えなかったら・・・


巌流島に陣を張っていた小次郎の門弟・師弟に追われるようにこの場を逃げ出した武蔵は、船に飛び乗るや潮流にのって瞬く間に下関に返し、続いて九州各地を転々とした後、熊本・細川藩に滞在し、この場で武蔵剣術の極意といわれる五輪書を著すことになるのである。


関門の潮流は一日二回、東流西流を繰り返し、日本史上稀な一対一の決闘から396年の歳月が流れた。

この地で散った佐々木小次郎と剣豪宮本武蔵の儚くも壮絶な戦いは、人々の口から口へと伝えられ、多くの文豪の題材となり広く日本中に知られることとなった。

とにもかくにも、生死を賭けた島に巌流・佐々木小次郎の文字が残され、今も悲運の島として海峡に大きく佇んでいる。

musashi.jpg

kojiro.jpg