関門海峡花火大会インターネットライブ中継 下関 門司|関門テレビ

関門海峡花火大会

関門海峡花火は、門司側1箇所、下関側2箇所から上がる、合わせて13000発、日本で2番目の観客数を誇る大人気花火大会です。
海峡で上がる花火は、花火の素晴らしさにプラスして、関門海峡のロケーションを最大に活かした内容となっており、北九州市、下関市、両市が誇る関門海峡の夜景を花火と同時に楽しむことが出来ます。
関門海峡花火大会は、保安距離が十分に取れる海上の台船から打ち上げるため、都心では上げることが難しい、大玉を多数打ち上げることができます。
門司側での最大の魅力は、大玉100連発(直径250~350m)で、大玉の重低音の感動も同時に味わうことができます。
保安距離の取りにくい都心での花火大会は、150~180mが最大と言われています。
また、海峡花火大会の観客数は、門司側で70万人、下関側で45万人(主催者発表)で合計115万人です。
一日の人出としては、全国の花火大会で第2位の観客動員数です。

開催日時


平成23年8月13日(土曜) (例年8月13日に開催)
※雨天決行・荒天中止、順延なし

開催場所


福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)
花火は関門海峡沿いで見ることができます。

当日のスケジュール


13:00 西海岸埋立地車両進入禁止
17:00 道198号線と国道3号線から海岸方面(レトロ地区)への進入道路交通規制開始
19:40 開会式 ※下関会場
19:50 花火打ち上げ開始

  • 関門海峡の両岸、沖合い300m海上の台船から競うように打ち上げられる。
  • 両岸合せて約1万3千発以上!!
  • 目玉は一尺五寸玉と尺玉連発、水中花火、東日本復活祈願花火フェニックス!!
  • 両岸100万人以上の観客で賑わいます。

20:40 花火打ち上げ終了
23:00 下関駅周辺交通規制解除

アクセス


JR門司港駅より徒歩5分

※当日、会場周辺はたいへん混み合いますので、電車・バス等、公共交通機関をご利用ください。(特に、お帰りの際は例年、両岸ともに車が身動きできなくなるほどの大渋滞となります。)

有料チャリティーエリア


特別協賛金をお申し込みいただくと、一口(1万円)あたり5人座れる桟敷席を提供させていただきます。
最も近くから花火を見ることが出来ます。
お申し込みいただくと、代金引換で桟敷席券をお送りさせていただきます。
詳しくはこちらから

椅子席
席数お問い合わせ 1人5,000円

-

事前に連絡
5人座れる桟敷席
席数お問い合わせ 1口10,000円 - 事前に連絡
環境整備協力エリア(椅子無し)
席数お問い合わせ 1人500円 - 事前に連絡

備考


※当日は、「めかりパーキングエリア(門司側)」・「壇ノ浦パーキングエリア(下関側)」は、お昼頃から夜にかけて非常に混雑して、利用できない場合がありますのでご注意ください。
 休憩施設のご利用は、隣の「吉志パーキングエリア(九州自動車道)」・「王司パーキングエリア(中国自動車道)」をご利用ください。また、花火大会開催時は、下関インターを中心に高速道路の本線も渋滞が予想されます。