川棚温泉

IMG_0131.JPG

 ほのぼのとした出湯の温もりが漂う温泉郷は、安徳天皇の時代に発見され、南北朝時代に一度埋没したものを三恵寺(さんねじ)の恰雲(いうん)和尚が薬師如来のお告げで再発見したと伝えられる、長い歴史を持つ名湯で、古くから関門の奥座敷として親しまれています。

 漂白の俳人種田山頭火も、そののどかな雰囲気といで湯を心から愛し、日記に「川棚温泉は山裾に丘陵をめぐらせて、私のもっとも好きな風景である。」と記しています。

  泉質は含弱放射線・カルシウム・ナトリウム・塩化物温泉で、リウマチ性の病気や、高血圧症、動脈硬化(どうみゃくこうか)症などに効能があると言われています。

 また、ゆでた茶そばを熱した瓦の上で焼いていただく「瓦そば」は、川棚温泉の名物料理です。

 所在地  下関市豊浦町川棚湯町

 交通   JR山陰本線 川棚温泉駅からバス4分「川棚温泉」下車、すぐ

      下関 I.Cから車で32分

      小月 I.Cから車で27分

 問い合わせ 川棚温泉観光協会 083-772-0296

リフレッシュパーク豊浦

IMG_0500.JPG

 川棚温泉一帯の自然の森林やため池などを活用し、なだらかな丘陵地に水と緑のコミュニティ空間として創造された自然活用型レクリエーション施設です。

 多くの家族連れでにぎわう園内は、バラ園、花のビスタ、日本庭園、四季の花園、芝生広場、ワイルドフラワー園など、 1年を通じて四季折々の花が絶え間なく一面にあふれる花公園です。

 川棚温泉の守護神「青龍」をモチーフにした全長55mのローラースライダーやスプリングシーソーなど、子供たちが太陽の下で思いっきり遊べる数多くの遊具が設置されています。

 秋には豊浦コスモスまつりや菊花展等のイベントも開催されます。

 所在地  下関市豊浦町川棚2035-9

 交通   JR山陰本線 川棚温泉駅からバス4分「川棚温泉」下車、徒歩23分

      下関 I.Cから車で32分

      小月 I.Cから車で31分

 問い合わせ リフレッシュパーク豊浦 083-772-4000

響灘・厚島展望公園

0995.JPG

 下関市の豊浦町と内日を結ぶ、山あいの県道豊浦・清末線沿いには、平成15年に完成した豊浦町を眼下に見渡すことのできる「響灘、厚島展望公園」があります。

 緑に囲まれた豊浦町の平野と町並みを前景に、日本海の荒波が洗う響灘の海岸線が広がり、その沖合にぽっかりと浮かぶ厚島と、青空に吸い込まれるように限りなく広がる響灘の水平線を一望できます。

 所在地  下関市豊浦町 吉永

 交通   JR山陰本線 川棚温泉駅から車で7分

      下関 I.Cから車で28分

      小月 I.Cから車で27分

 問い合わせ 豊浦町観光協会 083-774-1211