壇之浦パーキングエリア(下り線)

 

関門橋が美しい壇之浦PA。高速道路の休憩所としてではなく、関門海峡を一望できるスポットとしても知られています。

実は高速道路だけではなく、歩いて入ることの出来る「ウェルカムゲート」も併設されていて、徒歩で入る事が出来ます。

 

住所 〒751-0814 山口県下関市壇之浦町6−1
連絡先 083-232-1451

 

川棚の杜 (コルトーホール・烏山民俗資料館)

 

川棚の杜 (下関市川棚温泉交流センター)は、地域に開かれた交流施設です。

観光・交流情報の提供をはじめ、音楽等の公演や研修など、生活文化の拠点としても活用できるスポットでもあり、コルトーホール・烏山民俗資料館も併設されています。

 

所在地 〒759-6301  山口県下関市豊浦町川棚5180
交通アクセス (1)中国自動車道 下関I.C.より車で約30分/小月I.C.より車で約20分
(2)JR川棚温泉駅より車で約3分/JR新下関駅より車で約25分
(3)川棚温泉バス停下車 徒歩5分

 

大連神社

 

大連神社は、明治三十九年十月一日 日露戦戦役終焉と共に満州国の玄関口大連市総氏神として鎮座せられて、神体と神宝は昭和22年3月に元大連神社宮司・水野久直の手によって日本に持ち帰られ、福岡・筥崎宮に仮安置された。

その後、水野が赤間神宮宮司に赴任した際に境内に小祠を建てて大連神社の神体を遷し祀り、昭和48年の第60回神宮式年遷宮の際に古社殿を譲り受け、昭和55年に本殿北東の現在地に移築して正遷座祭を行った。

 

住所 

連絡先 赤間神宮 083-231-4138

 

赤間神宮

 

源平壇之浦の合戦に敗れ、わずか8歳で関門海峡に入水された安徳天皇を祭神とする神宮で、壇之浦を望む水天門は鮮やかな竜宮造り、「海の中にも都はある」という二位の尼の願いを映したものといわれます。

境内には安徳天皇阿弥陀寺御陵、平家一門の七盛塚、小泉八雲の怪談で有名な「耳なし芳一」の木像が祭られている芳一堂、「長門本平家物語」「源平合戦図」など貴重な資料のある宝物殿等があります。

毎年5月2日から5月4日まで、平家一門への回向として同神宮で行われる先帝祭では、上臈道中・上臈参拝が5月3日に行われます。

所在地  下関市阿弥陀寺町4-1

交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、すぐ

問い合わせ 赤間神宮 083-231-4138

 

亀山八幡宮

 

由緒記によれば、平安時代貞観元年(859)宇佐神宮より分霊を勧請し創建されたと伝えられる古社で、市民からは「関の氏神」として親しまれています。

2月の凧上げ大会、5月の五穀祭・八丁浜、7月の夏越祭の花火大会では多くの市民や県内外の人々でにぎわいます。

境内には林芙美子文学碑、世界最大のふくの銅像、亀山砲台跡など多くの史跡があります。

 

所在地  下関市中之町1-1

交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩5分

問い合わせ 亀山八幡宮 083-231-1323

 

八坂神社

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

小倉祇園祭りが行われる八坂神社は、小倉藩主細川忠興が1617年(元和3年)に小倉藩の総鎮守として、祇園の社殿を鋳物師町に造りました。二つの祇園様を一緒にまつっている神社は、全国的にもとても珍しいものです。

また、小倉城から八坂神社へ抜ける道から見える花崗岩で出来た石鳥居は福岡県の指定文化財で、笠木と呼ばれる上部の横木三層が一つの石で作られています。この鳥居は室町時代に造られたと言われています。

 

所在地  〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2−2

問い合わせ 八坂神社 093-561-0753