復原された門司港駅

 

国の重要文化財に指定されている門司港駅駅舎の保存修理工事が終わって、2019年3月10日にグランドオープンしました。

大正時代のレトロな趣のある駅舎が印象的な駅舎は、ネオルネサンス様式を基調とし、マンサード屋根と呼ばれる大きな屋根と、二階建の中央棟、平屋建ての東⻄棟からなります。

 

 

また、当時の面影を残しつつ、旧一・二等待合室はみどりの窓口と観光案内所、旧三等待合室はスターバックスと活用されています。

もちろん、当時の資料が置かれた展示室や、面影をしっかりと留めた貴賓室など見所も満載の門司港駅。このグランドオープンを機会にぜひ訪れて見てはいかがでしょうか?

 

門司港駅についての情報

住所:北九州市門司区西海岸1丁目5-31
TEL:093-321-6110
交通:JR門司港駅下車
高速道路:九州自動車道門司ICより8分、北九州都市高速道路春日ランプより5分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です